公明党名古屋市会議員 | ばばのりこ | 中川区 | お年寄りのために

御殿椿(ごてんつばき)の教え。

 国宝松本城を訪れた時です。城主小笠原貞慶(さだよし)公御手植えの「小笠原牡丹」と呼ばれる牡丹が、本丸御殿のあった場所の一角で今も花を咲かせているのを知りました。これは、戦火を逃れるためお寺に疎開していたものを昭和35年から約50年かけて、7株、お城に移植したものです。そこで、名古屋城の本丸御殿にまつわる植物はないものか、探してみました。そして見つかったのが、『御殿椿(ごてんつばき)』です。かつて本丸御殿の南庭にあり、昭和20年の名古屋の大空襲で御殿とともに焼失の憂き目に。ところが、奇跡的にも焼け株から新芽が吹き出して蘇生したのです。また、西の丸にも幹の半分を焼失したものの息を吹き返した『榧(かや)の木』があります。昔から、名古屋のまちを見守ってきた御殿椿や榧の木。そんな歴史とともに『本丸御殿』の復元を応援していきたいと思います。

活き活きと暮らすために
化粧療法など高齢者の生きがいにつながる学習カリキュラムを。

pdf書類LinkIcon

活き活きと暮らすために
敬老パスの適用拡大を。

pdf書類LinkIcon

活き活きと暮らすために
高齢者向け住宅に電磁調理器の設置を。

pdf書類LinkIcon

活き活きと暮らすために
一人暮らし高齢者へ買い物ボランティアを。

pdf書類LinkIcon